美しくて素敵な住宅

main1

「素敵で美しい」ということ

「素敵で美しい」…それは住まう人が、長く愛情を注ぎ、楽しい暮らしができる条件です。デザインする建築家にとっても、家づくりの大切な目的の一つです。
「美しさ」とは人それぞれの主観的なものでありながら、誰もが納得する普遍的な美しさが存在します。
その普遍的な美しさは「バランス」。
宇宙の美しさが物理的に絶妙なバランスで成り立つように、ものごと・出来事にもこれを構成する要素の比や強弱の割合が適度な上程であるときに美しさを感じます。
単純な比率、お互いの均衝、組み合わせ調和、相対する要素の対比など、バランスの良さは美しさに通じるのです。
「住宅のバランス」住空間でありながら住宅は、多くのものと関わります。その関わるものとのバランスが良好である時に美しさを感じるものだと思います。

すべてにバランスのとれた住まい

例えば、敷地の状況、周囲の環境、街並みや風景、地域の自然、地球規模の環境とのかかわりという外側に向けられた大きなものとのバランスもあるでしょう。
そして住人は、暮らす人と「家具・道具・衣類」などモノとのかかわり、「匂い・手触り・肌触り」といった五感にもバランスの良さはあり、将来の価値観、家族の成長など、時間的に変化していくコトにも住宅とのバランスがあります。
それらのバランスがいい住宅に暮らす人の健康も心も、健やかで美しくあるのではないでしょうか。
もちろん、経済性・安全性・性能といった要素のバランスも忘れてはなりません。
モノ、コト、要素、これらすべてのバランスを築きあげていくプロセスが、建築家にとって「美しく素敵な住宅」をデザインすることです。
オーナーと建築家が一緒になって作り上げていくデザインが形になるからこそ、永く愛情を注ぎ楽しく暮らす、「じぶんいろのいえ」ができていくのです。
オーナーにとって美しくて素敵な住宅こそが、「じぶんいろのいえ」です。

Be-WILL Design
建築家 松田 英之
(一級建築士、一級建築施工管理技士)