笑顔をつくるお客様のお家

丸い大きな窓のお家

中野接骨院

 



 

丸い大きな窓がいくつも点在し、一度見たら忘れられないインパクトを残すN邸。 ガルバリウム鋼板のシャープさに曲線の窓がやわらかさを与える絶妙なデザインだ。 人を明るく迎えるような表情の外観は、Nさんが自宅で営む接骨院という職業にも関連している。 スポーツや事故などでケガを負った人を治療する医療施設として、安心して訪れることができて、 リラックスして治療に向き合ってほしいというNさんの思いをくんで、建築家が形にしたものだ

丸い窓からの光あふれる
のびのびと過ごせる自宅

接骨院とは別に設けてある、Nさんご一家が暮らす自宅用の玄関を開けると2階への階段が連なっている。 2階へ上がると、一面が杉材の木の床が広がる開放的な空間が広がり、ウッドデッキを張った中庭の大きな窓、 外観でも印象的だった丸い窓から明るい自然光が部屋中にたっぷりと降り注いでいる。 丸い窓は、外観の黒いガルバリウム鋼板にある印象よりも、白やライムグリーンの壁にくりぬかれている様子はさらにやわらかな印象。 部屋にあたたかさと楽しいリズムを与え、3人のお子さんがいるN邸にはぴったりの空間を作り出している。

お客様のお家をさらに見る