笑顔をつくるお客様のお家

茶室のあるお家

Sさんのお家

自然を取り入れた癒しの室内

Sさんファミリーも『じぶんいろのいえ』を叶えたご一家。木の温もりに癒される室内は、県産の杉材をふんだんに使用。 大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み日中は照明のいらない明るさ。リビングには、カウンター四季のキッチンを設置。 ダイニングテーブルも個別の食器棚もなく、「Be-WIl(ビーウィル)」オリジナルの造作家具を活用しているので、スマートな空間を実現している。

住みやすさ・デザインはもちろん、
安全面へのこだわりにも信頼感。

「最初にベルハウジングさんに相談したときのファーストプランが、ほぼそのまま今の形になっています」と微笑むSさん夫妻。 最初に希望として話したのが「家族の気配がどこにいても感じられること」「吹き抜けがあって開放感があること」などでした。 それをベルハウジングが住宅のプロとしての経験とアイデアで設計。 そのプランは、Sさん一家が描いた理想を的確に形にしたものでした。
「実は、プランはとても気に入ったのですが、予算的に難しいのではと心配しました」とSさん。 しかし、質のよいものを無駄なコストを抑えて実現する考え方のベルハウジングの「Be-WILL(ビーウィル)」だったので、予算内で実現できることが分かり、迷いなく決断したと言います。
「デザインはもちろん、耐震性・安全性にもしっかりとこだわりを持っていることも、決め手の一つでした」とSさんは振り返ります。
ご主人はセンターコートデッキでリビングを眺めているときが、また、奥様はキッチンで夕食の準備をしながら窓の夕焼けを眺めているときがお気に入りのひとときとのこと。 「もしも、もう一度家を建てることがあっても、絶対にベルハウジングさんにします」と力強く語ってくれたSさん。 木の床を元気に走り回る子供たちを見守る夫妻の満ち足りた笑顔からは、理想の家に家族と共に暮らす喜びがあふれていました。



 

お客様のお家をさらに見る