笑顔をつくるお客様のお家

自然素材と洗練デザインが共存するお家

Sさんのお家

自然素材と洗練デザインが
美しく共存する住まい

ゆるやかに空へと伸びる勾配屋根と、いくつもの四角い箱を組み合わせたようなモダンな外観が、ひときわ目を引くS邸。 シンプルな白い外装にリズミカルに配された窓と木製のフェンスが趣を添える。 眺めているだけでワクワクしてくる遊び心あふれるデザインは、『じぶんいろのいえ』をテーマとするベルハウジングの「Be‐WILL(ビーウィル)」の家。 「こんな家に住みたい」「こんな暮らしがしたい、こんな生き方がいい」と願う施主と、建築家が一緒に作り上げるスタイルが特徴のブランドだ。
Sさんファミリーがベルハウジングに出会ったのは、奥様がお母様を伴って相談に訪れたのがきっかけ。 「家を建てるなら、体に優しい自然素材の家にしたいというのが譲れない条件でした。ベルハウジングの家はその理想にぴったりで、 スタッフの方がじっくりと相談に乗ってくださったのも安心感につながりました」と奥様。 子どもたちの未来のために、少しでも地球環境に優しい家づくりをしたいという同社の思いに共感したことも決め手になった。

間取りに、造作家具に
心地いいアイデア満載

広々としたエントランスを抜け、リビングダイニングへ進むと、真っ先に目に飛び込んでくるのがカフェスタイルの造作コの字キッチン。 空間そのものをトータルコーディネートし、素材や色、形などにこだわった造作家具を提案してくれるのもベルハウジングの魅力のひとつだ。 Sさんは収納力抜群のキャビネットと幅広のカウンターテーブル、リビングのTVボードをオーダー。 デザインはもちろん、機能性も考え抜かれていて、高さや奥行きなどに使い勝手のいい工夫がなされている。
また、木の質感が心地いいS邸の中心を担うのが明るい陽光が差し込むコートデッキ。 プライバシーはしっかりと保ちながら、光と風を体いっぱいに感じられる、家族憩いの空間だ。 さらに、ご主人たっての希望で作られたのがリビングに連なる和室。あえて低く設えた天井や字窓障子が落ち着いた和の風情を醸し出している。
家づくりの過程では、壁塗りを手伝ったというご家族。住まいに思い出を刻むとともに、愛着もいっそう深まった。

 

コンパクトな動線で
家事負担をぐっと軽減

パブリックスペースである1階に対して、家族のプライベート空間が2階。 共働きのご夫妻の家事動線に配慮し、バスルームやランドリー、クローゼットなどが階段横にコンパクトにまとめられている。 また、できるだけ家具を置かず、スッキリ暮らしたいという奥様の要望を満たすべく、各所に収納もたっぷり。 子ども部屋にはあえて仕切りを設けず、明るく開放的な室内空間を実現している。
「実際に暮らしてみて、住み心地の良さにあらためて感心しています」と声をそろえるご夫妻。 家族のライフスタイルや家事動線に配慮したプランニングで、以前に比べ、家事の負担もぐっと少なくなったように感じられるという。 もちろん、2人の娘さんもおしゃれな新居がお気に入り。シンプルな空間に子どもたちの笑顔がいっそう映える。
太陽光発電システムを搭載したオール電化住宅で、環境にも家計にも優しい家づくりを叶えたS邸。 自分らしさと自然への優しさが心地よく共存する住まいには、今日も家族の笑顔があふれている。

お客様のお家をさらに見る