笑顔をつくるお客様のお家

家族の会話が弾むお家

Oさんのお家

自然を取り入れた癒しの室内

Oさんファミリーも『じぶんいろのいえ』を叶えたご一家。木の温もりに癒される室内は、県産の杉材をふんだんに使用。 大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み日中は照明のいらない明るさ。リビングには、カウンター四季のキッチンを設置。 ダイニングテーブルも個別の食器棚もなく、「Be-WIl(ビーウィル)」オリジナルの造作家具を活用しているので、スマートな空間を実現している。

暮らすほどに実感できる
家族に寄り添う心地よさ

スッキリとした暮らしを叶えるもうひとつの要素が、コンパクトで機能的な家事動線。
キッチン、ランドリー、バスルールは一直線上に配置し、玄関からも洗面所とバスルールへ直行できるようになっている。
また、キッチンの吹き抜けが2階の子ども部屋とつながっているのもO邸の大きな魅力。
開放的な雰囲気はそのままに家族の気配を常に感じることができるので、コミュニケーションも自然に深まる。
洗練された空間を採るのは奥様お手製の照明や雑貨の数々。
裂き編み作家として活動する奥様がものづくりに没頭できる工房スペースも一回に設えている。
「手作りの優しさを感じられる家なのでとても心地よく暮らしています」とおっしゃる奥様。家族の人生や生き方まで考慮したプランや人と環境に優しい自然素材・機能性とデザイン性の高さを兼ね備えた造作家具。
そんな真摯なものづくりを貫くベルハウジングの姿勢に共感されたと微笑む。

時を経て、さらに美しくずっとずっと愛せる家

モデルハウスを見学し、デザインにひとめぼれしたと教えてくださったのはご主人。
いつかはと漠然と考えていた家づくりの夢がベルハウジングと出会い、一気にふくらんでいったという。
「スタッフの方々は気持ちを汲み取るのが上手で作り手と買い手の距離感がないんです」と奥様。設計力の高さはもちろん、資金計画から親身になって相談にのってくれた営業担当者の存在も決め手となった。
成長した二人のお子さんのために居心地のいい場所を作ってあげたいという思いも強かったと語るご夫妻。
新居では、家族が自然とリビングに集まるようになり、大きな窓の奥に広がるウッドデッキでは、ラグマットを敷いて、ひなたぼっこを楽しむこともあるそう。エアコン一台だけで真冬の寒さも快適に乗り切れた。
「床や梁の風合いが、これからどのように変化していくのか楽しみですね」とうなずき合うご夫妻『じぶんいろのいえ』は時と思い出を積み重ねるほどに美しさを増していく。



 

お客様のお家をさらに見る