笑顔をつくるお客様のお家

陽だまりと風と家族がほほ笑むお家

Anちゃんのお家

Anちゃんのお家は鹿児島市内のとても交通の利便がいい場所にあります。
メイン道路沿いから見ると、三角の大きな屋根のてっぺんが
ちょんと頭を飛び出しているんですよ。

立地がよい、人気の場所に土地を設けるということは
実際、土地の形状や大きさにハンディがある場合が多くなります。
しかしBe-WILL(ビーウィル)のお家は自由設計ですので
ハンディもプラスにする間取りをご提案できるのではないかと思っております。

Anちゃんのお家はお隣に密接してお家が建つことも考えて2Fリビングのお家になりました。
その分、採光も通風も確保でき陽だまりのような室内に
ご家族の笑顔が絶えないお家が完成いたしました。

(2015年の秋にお引渡しをしたお家です。)

 

「住みながら育てるお家が良かったんです」とお母さんが教えてくれました。
なんでも、お母さんのお母さんが教えてくれた事だとか。

お風呂とプライベートルームが1F、家族が一番長く過ごす「みんなが集まる場所」が2Fにあるお家。
毎日のお洗濯など不便はないですか?と尋ねたところ
「ちょっとくらい不便なほうが工夫をしたり愛着を持って接していけるから、2Fリビングに全く抵抗はありませんでした」
と教えてくれました。
「それ以上に、一番欲しかったのは明るいリビングとみんなが集まるキッチン。先日、子供達の友達ご家族が沢山遊びに来てくれたのですが親はキッチンを囲んで話が盛り上がり、子供達はロフトで皆でお泊りしたんです。お隣や道路からの視線も気にならず、キャンプのようだと、とっても喜ばれました。理想の家が形になりました」
と嬉しい言葉をいただきました。

プライベートルームの1Fは将来、Anちゃん達が大きくなったら個室に仕切る予定です。
でも今は自分達で収納や、身支度をする場所。
奥にある寝室も、ベットを置いてますが実は今はみんなでロフトでお休みになられているとか。
「ガルバの屋根なので、ロフトは雨音がうるさいと言う方もいましたが、私達は気にならなかったので寝室に(笑)」
と笑顔で教えてくれました。受け取り方には個人差があるのでメリットデメリットを踏まえて選ぶことが大切ですね。

 

Anちゃんのお家の家具はほとんどが手作りの家具。
おじいちゃんが職人さん顔負けの上前で作ってくれています。
そしてAnちゃんのお母さんが塗装担当です。
家具の中には昔Anちゃんも使った手作りのベビーベットを収納として利用したり
お母さんが昔から大切にしていた家具を今のお家に合うようにタイルを貼ったりリメイクして使用しているものもあります。
こうやって、温もりのある家具を大切に使うことをAnちゃんも、お兄ちゃんも、妹ちゃんも自然と教わっているのですね。



 

お客様のお家をさらに見る